1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

SNSのプロフ画を変えて死を悼むことはそんなにも悪い事?

※前半かなり感情的になっているため、文章が荒れていると思われます。
後々直すかもしれませんが、一個人が何を思ったかを書いているもので、海外ジャーナリストが書いた記事のようなものではありませんので、批難・中傷は事前にお断りいたします。
ただ、何を思っているか等のコメントは受け付けます。

*****

”半旗を掲げることに違和感…”どういうことか考えてみた

SNSのプロフ画をフランス国旗にするのおかしい!と騒いでいる人達がいますが、そもそもあなた達自身目上線になっている事に気付いているのだろうか。
あの国でテロが起きたときはフランスのように半旗をあげず〜といった意見しかなくて見飽きた
だったらあなた達はその半旗を掲げたい国の国旗を掲げて、その国で亡くなった方々の命をしっかりと悔やめばいいのではないか。
すべての人に強制した時点で、それは命を尊ぶのではなく、ただ自分のエゴを押し付けて自分の意見が正しいと立証したいだけのように感じる。

違和感がぬぐい切れないならそれでいい
私だってデンマークのテロの時、何も動かなかった人達に対して何故?!と思った
その1ヶ月前に起きたフランスのテロの時はあれだけ騒いだのに!と思った。
でも、そんなの気にして何になる?
誰のためになる?

私は、逆に自分から発信していけばいい!と、日本では詳しく記事になり得なかった話を投稿した。
それで「あの現場ではこんなことがあったんだ」と関心を持ち、テロは現実に起こりうることで、”実際に人が亡くなっているんだ”と理解してくれた人たちがいた。
数人でも、デンマークで亡くなったデンマークの方、ユダヤの方の死を知り、自分が生かされていることは奇跡だと感じてくれた人がいた

プロフ画を変えた人は偽善者なのか

半旗を掲げている人の中にはただ周りに流されてしている者もいるだろう
でも、そこに注目して何になる?
むしろ、真実を知ってもらう良い機会なのだから、他の国でもこうしたことが起こったのだと、教えれば良い話ではないか。
そうすれば、そうか、あの国でもこんなことがあったんだ、もっと広い視野を持たないとな、となるのではないか。

どうしてそこにわざわざ「何故あの国がテロのときは!!!」と怒るのだろう。
そんな風に騒ぎ立てて意味はあるのか?
行き場のない気持ちがあることは私も分かるが、そんなことをしたって逆効果、いや何の意味も持たないと思う。
というよりは、あぁだこぅだという暇はあるくせに、誰かが亡くなっている事に関して悔やむ気持ちを忘れてはいないだろうか

フランスのために半旗を掲げている人達を偽善者と呼ぶなら、何もしないあなた達も偽善者だとは思わないか。
もし、半旗を掲げている人達がいることを嬉しく感じた人達は、あなたちのことはよくは思わないのではないか。
あなた方も、別の人から同じように思われていることを忘れないで欲しい。

知らない事実を上手く伝えられないなら意味がない

自分が知らないなら知ればいいし知らない誰かと比べている時点で観点がズレてはいないだろうか?
知らない人に何かを教えることほど大変なことはない。
そこで憤慨し、何も知らないのか!と批難される方は、SNSの使い方を間違っていると思う。
誰かが気付いていないなら教えてあげればいい。
どんなに小さいことでも発信すれば、いつかそれを求めていた人に届くだろう。

私こそ、論点がずれてしまって申し訳ないのだが、私が言いたい事は、毎日どこかで人は死んでるし、内戦も起きている
そこを今まで無視してきたのに、急に今回のテロと結びつけて何を言っているんだろうと感じたわけだ。
でも、何かきっかけがないかぎり、人間聖徳太子ではないんだから、いくつもの話題を一度に収集する事は難しい。
ならば、あなたたちのいう、今回のパリでのテロのようにもっと世界に発信されるべきだと感じたことを、自分から発信すればいいのではないだろうか。

知らないことは恥ずかしいことではない、知っている人から学べばいい

正直に言うと、私はデンマークのテロがきっかけで、イスラム国について勉強するようになったし、そこから苦手だった政治も夫にうまく噛み砕いてもらいながら勉強をしている。
そして、自分が移民になった事をきっかけに、北欧の移民・難民問題にも注目するようになった。
でも、これは自分のためであって誰のためでもなく、たまに日本と絡んでいる事柄であればSNS上で話題にする事もあるが、基本的に自分で情報をまとめているだけだ。
別に誰かに共感、共有してほしいことではない。

でも、あの国でも〜その地域では〜と言うあなた方、今回のように誰かに知ってほしい、誰かに反応してほしいだけなんだ、と私は解釈した。(間違っているかもしれない)
何人かの友人たちはあなた方サイドに周り、わざわざ「死を冒涜するわけではないが〜」や「死を悼む気持ちがないわけではないけど〜」といった謎のディフェンスを付けて投稿していたが、私からすればそんな守りを付けるようなら発言なぞするな、と思ったが。

だが、根気強く発信していかねば、この世の中、次々に新しい情報が溢れ、すぐ忘れられる
でも、オンラインなら世界中どこにいる人達からの情報でも、探し方次第では得たいものを得られる。
つまり、あなた方が伝えたい真実だって、伝え方をうまく変えればどんどんプラスの情報として世界に発信できるのではないだろうか(だいたいはマイナスの、怒りのメッセージに変えてしまっているようだが)。

今自分が得たものがすべてとは限らない

いろんな意見を持つ事は素晴らしい
特にいま、日本はディスカッションやディベートをする力が弱いように感じる。
だからこそ、違った意見を持ち、それはどうしてなのか、思った経緯を話し、他の人達の意見にも耳を傾け、新たな意見を取り入れるのだ。

でも、ひとつのSNSサービスがしだした事がすべての人に当てはまり、それを間違いだとする意見には賛同しかねる。
それこそ、あなた方もそのサービスに踊らされているように感じてしまう。

一番大事な事は、あなたが本当に何を知りたくて、何を誰かに伝えたいかではないのだろうか。

こうしている間にも、死にゆく人は死に、生かされている人は生きている
私は運良く生きている人の中にいるが、いつ死にゆく人の中に行くかはわからない。
だからこそ、私は自分から発信できることは積極的に発信し、自分と異なる意見の人の言葉にも耳を傾ける
実に難しい。つい頭ごなしに批難し、怒鳴りたくなる。
でも、そんなことをしても意味がないことは分かっている。
だからこそ、話を聞くのだ。

最後に

もし、これを読んで私と同じ意見でも、違った意見でも、ぜひとも自分と異なる意見の人達の話を聞いてほしい
そして、その相手に何か伝えたい事があるのであれば、なぜ同じ意見を持ってくれないのかと怒ったり批判したりする前に、まず相手に人の意見をきちんと知ってもらうことを優先してみてはどうだろうか。

この意見はどこかしら矛盾している気もするが、私は単純に誰かの死を悼み、それを行動に移しているだけマシだと思うのだが、どうだろうか。
何も興味を示さず、テロなんてあったんだ、ぐらいの人だってたくさんいる。
そんな無関心よりかは、少なからず関心を持とうとする姿勢は評価すべきではないのだろうか。

一見広そうで実は狭いネットの世界。
十人十色、皆違う意見を持って当たり前だし、違う反応を示すのだって自然なことなのに、なぜか私達は自分の意見だけが正しいと思い込んでしまう

極端な話、私達はこうして誰かを批難することを止められないかぎり、戦争も人殺しも止められないのではないかと、私は思った。

でも、今はただ、パリで亡くなった方々に対しお悔やみ申し上げます。
誰にも罪のない人々の命を奪う権利はないのですから。