読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【伝統行事】聖ルチアの日 in デンマーク

こんにちは!
最近乾燥した空気が原因で空咳が止まらないpon.です。
夜中や朝方によく出ます…地味につらい(-。-;

*****

本日は、昨日あった伝統行事『聖ルチアの日』について少し触れたいと思います。

f:id:pon1500dkk:20151214224653j:image

昨日は夫とクリスマスプレゼントの準備のためにショッピングモールに買い物に行きました。
そのとき、クラフト屋さんである歌が流れてきました。
それは『サンタルチア』という歌で、夫はフンフン口ずさみながら店内を歩いていましたが、他のお客さんも口ずさんでいました。
何か特別な歌なのか尋ねたところ、今年12月13日日曜日は聖ルチアの日だと教えてもらいました。
そういえば、知り合いの方の娘さんが幼稚園で白いロウソクを貰ってたな〜と思い出し、何か関係があるか聞いてみると、この日女の子(一家の中で年長の女の子)は白いドレスを見にまとい、白いロウソクを持って教会へ行くのだそう。
ロウソクは「闇に光を灯す」といった意味があるそうで、生命の象徴なんだとか。
(wikiの説明の中に”雪が降る前の11月と12月の夜は非常に暗く長いことから、闇から光が現れたという考えが特に北国で伝統的に支持されてきた理由だろう。”とありましたが、納得。笑)

f:id:pon1500dkk:20151214224804j:image

インターネットで調べてみたところ、聖ルチアの日はもともとスウェーデンの伝統行事で、1944年12月13日に初めてデンマークで祝われるようになったそうです。
今はキリスト教の行事の一環として広まり、12月13日に最も近い日曜日にお祝いするそうです。

各北欧諸国の扱いについてはwikiを参照してみてください。
聖ルチアの日(wiki): https://ja.m.wikipedia.org/wiki/聖ルチア祭
(iPhoneからの編集だとリンクがうまく繋がらないのであとでちゃんとタグ付けします^^;)
wikiは信じられない!という方もいると思いますので、そういう方は「聖ルチアの日 北欧」と検索してみてください。

*****

クリスマスの時期はヨーロッパはワイワイ賑やかでいいですね。
皆さんもご存知の通り、わりと家族で過ごすのが一般的なクリスマス in 欧米。
(もちろんカップルでロマンティックに過ごす方もいます)

私の実家は日本式というか、特にそういったことは気にせず、というかクリスマス私に彼氏がいなかった or 彼氏がいても仕事があって会えなかった というパターンが多く、結婚してデンマークに嫁ぐ前はいつも実家でケーキを食べ、K○Cか照り焼きチキンを食べて終わりでしたね〜(笑)
あ、我が家はサンタさんはいなかったため、いつも両親とトイザ○スに行ってオモチャを買ってもらったり、ねずみーランドに行ったりしていました(笑)
↑こう考えるとなんて現実的で切ない家庭だったんでしょうね(涙)
でも、私が幼少時の頃は特に、父はいつも海外に単身赴任または出張していて実家に居らず、単身赴任先から超絶ダサい謎のプレゼントを送ってきていましたね…

そんなこともあり、私は自分に子供が出来たら、ある程度の年齢になるまではサンタさんは居てクリスマスには願い事を叶えてくれるんだよと教えたいと思っています(笑)

♡おまけ♡
あ、あと、昨日お買い物をしたときに、デンマークの消防車を見つけました!
夫によると、こちらは古い型の消防車だそうです。
(以前これより更に古い型を見たことがあったのですが、それは道路で走っており、写真に収めることができませんでした)
レアなものを見れると気分が上がりますよね*\(^o^)/*笑
f:id:pon1500dkk:20151214224504j:image