読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【私得】簡単ひとことデンマーク語 その7(天気:雨)

その7 "Det regner." 「雨が降っています。」

 
God morgen!
昨夜は配偶者ビザに関しての記事をふたつ投稿しました。
一つ目の記事は若干愚痴くさくなってしまいましたが、そういった経緯で2015年は私にとって耐え忍ぶ年だったということが皆さんにお分りいただけたと思います。。。
 
**********
 
では本題に入ります!
 
昨日から天気についての動詞を扱っていくと決めましたが、本日は雨についてご紹介します。
 
本日のフレーズは "Det regner."(ディ ぐァイナ)「雨が降っています。」です。
 
デンマーク語で雨という名詞は ”regn”(ぐァイン)です。
gが入っていますが、発音しません。
 
こちらも雪と同じく、英語でいうrainyのような形容詞はありません。
もし、"It's rainy."というような文を作りたい場合は"vejr"(ヴェァ:天気)という単語とくっ付けて、
 
"Det er regnvejr." (ディ エァ ぐァインヴェァ)
「雨の(天気の)日です。」
 
とします。
こちらも以下のように未来について話す時につかうことができます。
 
"Det bliver regnvejr i morgen." 「明日は雨になるでしょう。」
(※bliver:〜になる、i morgen:明日)
 
ちなみに、「雨が降っていました。」と過去形にする場合は、
 
"Det regnede." (ディ ぐァイヌル)
※デンマーク語はdの発音がlっぽくなる場合があります
 
"Det var regnvejr." (ディ ヴァ ぐァインヴェァ)
 
とします。
 
※過去形については天気の話がすべて終わってから、「動詞」→「動詞の変化」というように順を追ってご紹介しようと思います。
 
**********
 
いかがでしたでしょうか?
こちらは前回と同じ法則だったので覚えやすかったのではないでしょうか?
 
明日は「雷」についてご紹介します!
では、また明日お会いしましょう!
Vi ses i morgen!
 
2016/01/07