1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【私得】簡単ひとことデンマーク語 その25(写真付き、チョコ)+【小話】うちなーぐち「ゆんたく」の意味

その25 - ちよこれいと

f:id:pon1500dkk:20160125223205j:image

・[単] en chokolade(イン ショコレィる)
・[複] chokolader(ショコレィらァ)
・[日] チョコレート

私の大好物、チョコレート♡♡♡
海外のものは独特の風味があってたまぁに苦手なものに当たる事がありますが、今はその苦手な味にもだいぶ慣れてきました(笑)

チョコレートをデンマーク語でつづるとchocoではなくchoKo、-lateではなく-laDeになるので注意してくださいね!
そして、またもやソフトDが入っていますので、くれぐれも「ショコレィドゥ」と読まないよう気を付けて>_<笑


ところで、皆さんココアってお好きですか?
私はよくマシュマロ入りのココアを夫と一緒に飲みます(´∀`*)♡

ココアは、英語だと”cocoa”と言ったり”hot chocolate”と言ったりしますが、

デンマーク語では

kakao(カカオ) / varm kakao(ヴァーム カカオ)

と言います!
※"kakao" = cocoa, "varm" = "hot", "warm"

一応、英語から直訳して"varm chokolade"でも通じるようですが、うちのデン人夫の言うココアは”kakao”です。

今年は去年よりも寒く、雪の振る回数も多いデンマーク(*_*)
寒さが苦手な私はゴミ捨てにちょろっと外に出るだけでも億劫です(笑)

こんな時はお家でココアを飲みながらヒュゲるのが一番ですね〜_(:3」∠)_笑
※ヒュゲる: "hygge" "hyggeligt"からきた日本語風表現(笑)
リラックスして、自分達が好きな事をして楽しみましょう的な表現。
何だろうな、沖縄の言葉で「ゆんたく」って表現があるのご存知ですか?
個人的に、あんな感じの表現だと思っています(笑)


今日も寒いし、マシュマロ入りココアを飲みながらヒュゲろうと思います(笑)

ではまた明日お会いしましょう!
Vi ses i morgen!

2016/01/25

追記:


<<「ゆんたく」の意味 >>

今日の追記にはうちなーぐち(沖縄弁)について少し書きたいと思います。

私は中学時代、ORANGE RANGEが大好きで、ファンクラブに2〜3年ほど入っていました。笑
その頃からうちなーぐちにとても興味があって、どうして沖縄だけあんなにも標準語から離れた方言が出来上がったのだろうと不思議に思って、一時期結構真面目に調べていました(笑)
↑中国・朝鮮・フィリピンなど、他国からの影響を受けていたと言われているそうですね

「ゆんたく」は「おしゃべり」という意味がまず出てくるのですが、つまりはみんなで集まってお話しすることを指す言葉のようです。
ですが、私が以前沖縄に修学旅行で行った時に教えてもらったのは『みんなでのんびりと時間を過ごす』という意味でした。

その記憶があったため、今回その意味合いがヒュゲリに似てるな〜と感じ、例として出したうちなーぐちの表現だったのですが、本来の意味はただのおしゃべりなんでしょうか??

方言は特に細かく意味が割り振られていない表現が多くありますし、ニュアンスで互いに通じ合うものがありますよね。
ヒュゲリもその一例と言えまして、方言ではないですが、確実な日本語に訳すのが難しい表現です。

私はこういった表現が大好きです(笑)(笑)(笑)
一番のきっかけは、日本的色彩の表現だったのですが、分かりやすく言うと「うぐいす色」や「藤色」、「玉虫色」や「瑠璃色」など、日本独特の色の表現にとても興味があり、特にそれらをどう外国語に置き換えられるのかという点に関心があります。

話がずれたので戻しますと、つまりは絶妙な表現をどう他言語に治す事が出来るのかにとても興味があるわけです。笑
そういった面で、うちなーぐちは私にとって東北弁や関西弁、九州弁とは違った何かがあり、今でも時間があれば沖縄絡みのサイトやブログ、マンガなどを見たりしています。


何でもかんでも、日本語に直しにくい外国語はカタカナに直して、なんとなーく意味を分かった気になっている私達。
でも、本当にその言葉の真の意味を理解できているのでしょうか?
そして、本当にカタカナに直すしか表現方法がないのでしょうか?

日本語にも色んな表現があります。
きっとピッタリ当てはまる表現があると思うんです。
それが見つかった時、初めて互いに共通点が見つかり、”全く知らない国”から”少し近い国”に変わると思うんですよね〜
そうなれば、どんなに難しい言語でも、ゆっくり理解できると思っています。