読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【私得】簡単ひとことデンマーク語 その31(写真付、キャベツ)

その31 - キャベツ

f:id:pon1500dkk:20160131164254j:image

・[単] en kål(イン コル)
・[複] kål(コル)
・[日] キャベツ

発音は「コル」と書きましたが、正確には「クォル」という感じです。
またForvoを貼っておきます。


スーパー等で売っているキャベツにはいろんな種類あります。

en kål - 丸いキャベツ

普通の丸いキャベツは割と大きいのが売っていますが、日本のもののように柔らかくなく、強いて言うなら中心に近い白くなった葉と似ています(-。-;
そのため歯触りは固く、生で食べるにはなかなか根気がいります(笑)

en rødkål - 紫キャベツ

紫キャベツはピクルスにしてアヒル料理などの肉料理の付け合わせとしてよく食べます。
そこまで酸っぱくなく、お肉との相性がいいです。
お家で手作りする方も多いそうです。

en spidskål - 尖ったキャベツ
(和名ありますか?自分で思いつかなかったので、あったら教えて欲しいです!>_<)

尖ったキャベツは普通のキャベツに比べて柔らかく、とっても切りやすいです!笑
歯触りもよく、ロールキャベツを作る時に使いやすいかもしれないです。(実際に欧米のロールキャベツ的な料理に使用されているそうです)
私はお好み焼きを作る際使ってみたのですが、味は普通のキャベツと特に変わりはなかったように思います。
が、生で食べてみたところ、普通のキャベツに比べて少し青臭さが強かったです^^;(温野菜にしたら味が変わるかも!)
普通のキャベツよりほんのちょーっと割高な感じはしますが、とにかく柔らかくて食べやすい!好きです!笑

en rosenkål - 芽キャベツ
芽キャベツもスーパーでよく見かけます。
茹でて(蒸して?)、温野菜サラダでよく食べる気がします。
我が家ではよくポトフに入れてスープにして食べていましたが、夫の実家ではスープを飲む習慣があまり無くて、メインの付け合わせで食べていました。
※形がバラの花に似ているからこの名前が付いたんですかね?

en kinakål - 白菜

キャベツではないですが、英語と同じく”中国キャベツ”で白菜です。
時期にもよりますが、寒い時期にスーパーでよく見かける気がします。
でも、日本のものより一回りほど小さく、鍋なんかにすると半分以上一人で食べれます(笑)
↑私が大食いなだけかもw
あと、葉の表面や繊維に沿って黒っぽい斑点が付いていることがあります。
また、虫のフンのような黒い粒が葉に付いていることもあるので、確実に最初の2〜3枚は捨てて、斑点が付いてる部分はある程度切ってから調理しています。
↑私は見た目的に食欲が失せるものは勿体なくても&毒じゃなくても取ります。笑
味は普通の白菜です。


キャベツ(や白菜)は私にとって切っても切れない食材なので、結構頻繁に購入しています。
だいたい10〜16krくらいで買えます。
(白菜は18〜22krくらいした気がします)
デンマーク産の場合もありますが、スペイン産の場合もあるようです。

スーパーに行った際、是非見比べてみてください(o^^o)

ではまた明日お会いしましょう!
Vi ses i morgen!
2016/01/31

p.s.
まだ体調が優れないため、明日も写真で単語紹介になるかもしれません>_<