1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【私得】簡単ひとことデンマーク語 その38(待って欲しい時01+会話の”間”について)

その38 "Et øjeblik, tak!"「ちょっと待ってください!」

こんばんは〜
今日は勉強したり、先日買ってきたラバーバンドアクセサリーのキットで遊んだり、クレープ焼いてアイスとホイップクリームと一緒に食べたりと、かなり休日をエンジョイしていました(笑)
そのためすっかりブログ更新し忘れていました^^;

**********

そんな今日は、ちょっとした時に使えるきっと知っておくと便利なフレーズを選んでみました!

本日のフレーズは"Et øjeblik, tak!"(イッt  オィュブリック、タック)です。


○単語確認
・øjeblik: et-noun - 瞬間、一瞬(eng: moment)
・tak: お願いします、ありがとう(この場合はeng: pleaseの代わりとなる)

"Øje"だけだと「片目」、"blik"だけだと「ひと目見る、ちらっと見る」なんて意味があります。

質問に答えたり、何か頼まれ事をしたり、また電話口で誰かを待たせたりするときに使うことができます。

友人等にカジュアルに「あ、ちょっと待って!」「ちょいタンマ!」のように言う場合は"(Et) øjeblik!"でもOKだそうです。
私も学校で質問に答えるときに悩んで時間がかかる時は"Et øjeblik... Jeg...."というように言ったりします。

**********

たまに『そんな合間に言葉を言う暇があるならさっさと答えろよ』と言う人がいますが、私は"Ah..."とか"Well..."とか"Let me think..."とか言うのはアリだと思います。
↑大学時代、数年海外に留学した経験を持つクラスメイトに実際に否定的な意見を言われたことがあるんですよね^^;

たしかにあーうー言う時間があるなら意見を先に口に出せよって思う人もいるでしょう。
けれど、言葉を選んで話すとなると、母国語(私の場合日本語)でだって「えー」とか「そうですねー」って挟んじゃいますよね。笑
プレゼンをする時等はなるべく言わないように意識した方がカッコいいですし、説得力が増します。
でも、いつもの会話ぐらい、相手と楽しく会話するための言葉選びのために、少し時間を割いてもいいと思いませんか?( ^ω^ )

初めて会う人、いつもつるんでる友人、お世話になっている人、大事に思う人、憧れている人、その人その人で会話をする雰囲気って変わると思います。
各シチュエーションで、心地よい言葉の掛け合いをするためにも、会話の合間にクッションを挟むのも良いと思いますね〜

明日は、「誰かに自分を待ってもらいたいとき」に使えるフレーズを紹介しようと思います。

では、また明日お会いしましょう!
Vi ses i morgen!

2016/02/07