1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【ゆるブロ】夏休みがとうとう終わってしまいました その1【近状報告】

f:id:pon1500dkk:20160820034455j:image
こんばんは~
デンマークは21時をまわりました◇
ようつべを見ながらのんびり記事を更新していきたいと思います(^ω^)

今日は夏休みにママさんに買ってもらったハンドメインドのスカートを初めて穿きました♥
これがめっちゃ可愛いんですよー♥♥♥笑
ちょっとウエストがゆるいんですが、まぁ落っこちなければ平気でしょ!と即購入(笑)
こういうレトロな柄のものが好きで、和物のレトロも好きですが、ヨーロピアンレトロも大好きです♥

夏休みと言えば、日本は今夏休み真っ盛りですよね!
デンマークは日本より一か月夏休みが早く始まるので、もう学校が始まっております~><
まだちょっとばかし夏休み気分が抜けないので、学校が始まって二週間が経過しましたが、まだ朝がつらいです(笑)
では、ここで少しだけですが、夏休みの思い出をお話ししたいと思います☆

**********

二年ぶりにBakken(世界最古の遊園地)とDyrehaven(鹿公園)に行ってきました~! !!

初めてここのウォータースライダー(TDLのスプラッシュマウンテン的なの)に乗りました!
これ、正直めっちゃ怖かったです(笑)
本当に久々のアトラクションだったというのもありますが、単純にこの乗り物の安全性に不安を感じて怖かったですw
アトラクション本体にはバナナボートのように縦長の座席にまたがるように乗り、最大5人まで乗ることができました。
特に安全ベルトはついておらず、両脇に安全バー(手すり的な?)がありそれを握って身体がぐらつかないようにします。
一応足元に溝があり、つまさきをひっかけることによって、本体が落下するときに身体が前にずり落ちないようにする工夫が施されていました。
で・す・が!
背中や足元に荷物があると他の人にも邪魔になるくらい小狭い乗り物だったので、大きなリュック等で行くのはあまりおすすめしません。笑
あ、あと座席がかなりびっしょびしょなので(はねた水のせいでかな?)乗り物に乗り込んだ瞬間にケツが濡れる可能性がありますのでご注意をwww
※言わずもがな顔面も結構濡れます
あ!あと膝を地味~に強打するので、特に女性の方、スカートで生足出してると絶対青タンできるので気を付けてください!←私だけかも?w

f:id:pon1500dkk:20160820035541j:image

アトラクションを楽しんだ後は、お目当ての鹿公園散策♪
二年前に行った時は冬で鹿は一匹も見ることができず…。
ですが、今回は夏真っ盛り!
大きな鹿の群れから、若い~中年(?)のオス鹿までたくさんの鹿を見ることができました!!!
本当に絶妙な距離を保ちながら、鹿たちは芝生で草をモグモグ食べていました。
茂みの方には母鹿・子鹿もおり、ぴょんぴょん駆け回るちびっこ鹿が本当にかわいかったです♥
でも、馬車のお馬さんのフンがそっこら中にあって、ところどころ強烈な臭いを放っていたのでお気を付けください…(笑)
あと、ごくまれに馬の毛アレルギーの方がいると聞いたことがあるので、動物の毛のアレルギーを持っている方もお気を付けください。

f:id:pon1500dkk:20160820035552j:image


そしてクランペンボー海岸にも二年ぶりに行きました☆
こちらは白い砂浜がとっても綺麗で、必ずカップルがいちゃこらしているデートスポットですw
私はいつもカモメを追っかけて写真を撮ったり、こういう小さい貝殻をもくもくと拾って遊びます(笑)
こちらでも泳ぐことができるようですが、まだ泳いだことはありません。
冬に寒中水泳をしに来る人も多いようで、二年前に来たときスッポンポンで泳いでいたおばさまがいました…だいなまいとぼでーですた。←

f:id:pon1500dkk:20160820035608j:image


クランペンボー は二回しか行ったことがありませんが、ヘルシンゴー並みに大好きな場所です♥
クランペンボーは日本でいう白金的なセレブの方々が住む場所だそうで、閑静な住宅街のあるところです。
本当に大きい家がたくさん並んでいて、お庭の広さやガレージの広さから見て「すげー」としか言いようのない雰囲気が漂っています(笑)
ですが、Bakkenに行くとそんな場所とはうってかわって、大人から子供までワイワイと気の赴くままに楽しんでいる人たちがおり、その空間にいるだけで自然とうきうきしてきます。
デンマークはほんとうに時間をうまく使っている人たちが多く、女性も男性も仕事をしていたとしてもアミューズメントの時間を絶対に忘れません。
仕事をするときは仕事、遊ぶときは遊び、とONとOFFをしっかり分けている人が多い気がします。
こういったメリハリのある生活をしているところを見ると、どんなに役場が無能なことが多くても、皆人生楽しんでいていいなぁと感じます。笑
でも、本当に大切な要件のときは日本のようにテキパキきっちり仕事をしてほしいと思うんですけどね~
デンマークのようにサービスをする側も受ける側もほぼ対等だけど受ける側が損をする場合がある(例:役場で提出書類が受理されない、郵便物が届かない、終業時間はきっちり守られている為緊急対応はほぼ無しetc.)のと、日本のようにサービスをする側と受ける側に差があってする側が損をする場合がある(例:お客様は神様精神、徹底された何時でもクレーム対応、サビ残不可避etc.)のと、どちらがいいんでしょうねぇ…。
おそらく比べるべきものではないのでしょうが、サービスを受ける側の立場にいる場合、デンマークは本当にsuckです。←

**********

ちょっと長くなってしまったので、いったんここで切ります~


2016/08/19