読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【長文】悩みの尽きないデン在日本人の日常的な愚痴(←)part 2【海外生活の悩み】

海外生活 海外生活の悩み

f:id:pon1500dkk:20161019030532j:image
こんばんは~

今週はデンマークは秋休みで、一週間学校はお休みなので、今日こそゆっくりブログを書きたいと思います。
いつもはツイッターやらでちょびちょびつぶやいていましたが、やっとうまく文章を書けそうな気がするので気分が変わらないうちに書いてしまおうと思います。

**********

 前回のブログでもお伝えしたように、デンマークに来てからトータル3年目に突入した今、ちょっと心身ともに疲れてしまいました。本当は自分のことを書くのが嫌でしょうがないのですが、こうでもしないと自分で悩みを誰にも打ち明けられないまま勝手に落ち込んで行ってしまう気がするので、思いきって書いてみようと思います。(もしかしたらのちのち非公開にするかもしれません)

 簡潔に言うと、突然何事にもやる気が起きなくなってしまいました。女性には女性特有の気分の上がり下がりが激しくなる時期というものがあり、私はそのせいだと思って過ごしてきたのですが、他人にそのせいでしょと言われたときになぜかとてもショックで大泣きしてしまい、あぁそのせいじゃないんだなぁとなんとなく解りました。どんな状態なのかというと、うまく感情のコントロールができなくなってしまい、自分が楽しいと思っていることをしている時はまだいいのですが、朝起きた時や寝る前、学校に行く途中の道や帰り道、しまいには学校の授業中など、特に一人で何かをするときになんでこんな生活しなきゃいけないのかなぁと自然と涙がこぼれるようになりました。どうして泣きたくなるのか分からないのですが、泣かずにはいられないというか、泣かないと気分転換ができずにいたんです。そして、ここ最近になってその涙も出ないようになり、ただぼーっと窓の外を見ながら何も考えない日が続くようになりました。以前は習い事やイベントごとにも積極的に参加し、夫と二人おいしいものを食べに行こう!とレストランを検索してお出かけしたりもしていました。ですが、春が過ぎ初夏に入った頃から、急にそんなことして何の意味があるのかなぁと考えるようになったんです。そして、学校で勉強していてもこんなん意味ないよなぁ何で意味ないことしなきゃいけないんだろうと思うようになりました。その頃からですかね、ブログに書くデンマーク語勉強ネタが全然思いつかなくなり、さらに「デンマークで楽しく過ごしている自分を見せなくちゃいけない」と義務感を持つようになったのは。

 そんな必要は全くないのに、とても「意識して」デンマークのことについてSNS等に載せるようになりました。うまく言えないのですが「海外でも楽しく生きている日本人」を装うようになりました。理由は簡単、「デンマークに居るんだから日本でデンマーク語を勉強している人よりもいい環境に居れてるんだよ」「海外で暮らしてるんだからそれだけでいいじゃん」「え、今働いていないの?羨ましい~」こんな風に言われるようになったからです。私は正直なところ、デンマークに来てよかったと思えることは片手で数えるほどしかありません。(昔の記事を読んでくださっている方はご存知だと思います)むしろ、日本でクソみたいなアメリカンの同僚と働いていた日の方がマシと思えるほど、デンマークでの生活はつまらないと思うことが今でもあります。デンマークに長く住んでいる方、デンマークが大好きでデンマーク語を勉強している方、移住しようと計画している方からしたら『何甘えたこと言ってんの?』となると思います。ですが、これが現実です。興味のない国に来て暮らすということはこういうことです。好きでデンマーク語勉強してるわけではないし、デンマークよりも住みたかった国があるし、少なからず日本に居た時、ワーホリ中は働いてましたし、いろんな言い訳をしたくなるわけです、無意味でも。

 先日、どうしてもお腹の調子がよくならないため、薬を処方してもらうためにホームドクター(内科)に行きました。ですが、そこでも本当に医者にかかってるの?と思ってしまうような対応しかしてもらえませんでした。というのも、他に患者さんがいたため、ドクターはその患者のところへ、そして私の対応をしたのはナースでした。もう一度言います、ナースが私の診察をしました。はい。私は今までナースが私の診察をするというのは体験したことがなく、それがどうでもいいように扱われている気がしてならず、その時点で大泣きしてしまいました。そして、大泣きしている為英語ですらうまく説明できず、途中までは夫がデン語で説明をしていました。(病院に行く前にこういうことを話したいと事前に伝えてあったので)そして、やっと落ち着いたところでナースが私にくだした診断は『あなたはデンマークにネットワークがないからそうやって自分の中にすべてを溜めこんじゃうのよ。友達作りなさい、友達。もしあれなら子作りしなさい、保育園や幼稚園で保護者同士のつながりができるから。こんなのね、誰しもあることなのよ、当たり前の事なの!あなたは考えすぎなの!』『楽しいことを考えなさい、そうよ何か習い事しなさいよ!ダンスはいいわよ~体を動かすと自然とうっぷんなんて飛んでいくから!とにかく毎日ハッピーなことを考えること!』…だそうです。

 そのナースの言いたいことはわかります。だって今までずっと努力してやってきたことですもん。毎日毎日いろんなイベントやらなんやら探して積極的に参加してきました。だって、自分から動かなきゃ何も始まらないし、何より夫はどんなに忙しくとも自分のプランは頑張って遂行しようとするくせに夫婦生活においてのプランは何も立ててくれませんからね。でも、今、それをする意味が分からないわけです。どうして努力しなくちゃいけないのか理由が見いだせないんです。それをどうにかして自分で解決したいんです。

 たしかに「友達」と呼べるほどの人はデンマークにはほとんどいません。まだうわべだけかな~という感じがします。でも、住んでいる場所が違ったりするとなかなか会う機会が設けられなくなりますし、家庭環境が違ったりすれば無理に誘ったりすることもできません。できることなら月一くらいでお買い物とかに一緒に行けるような友達が欲しいです。私はファッションに興味があるので、いろんなお店をはしごできる友達が欲しいです。でも、買い物にはお金がかかるし、何より人に合わせて買い物するより、各自でちゃっちゃと回った方が楽なときもあります。そもそも、そんな理由で友達が欲しい自分って大丈夫なの??そうやって悩み始めるとどうデンマークで「友達」を作ればいいのかわからなくなってしまいました。でも、以前のブログにも書いたように、デンマークに来た日本の方ひとりひとりに様々な悩みがあります。ピッタリ同じ悩みを持つ人に巡り合うことなんてめったにありません。それこそ、その様々な悩みを持つ多種多様な分野のひとたちとわいわい話せる機会があれば、多方面からの意見を互いに聞けていいのにと思うわけです。そうすると、やっぱり日本人会とかに加入したほうが楽なんですかね…?でも、やっぱり人間関係テキトーに開拓したくないんですよね。SNSに「ズッ友だよ♥」的なノリで載せてるような作ったグルーピーみたいなのはいらないんです。SNSに載せていることを悪く行っているわけではなく、なんていうんでしょう、場面的な関係だったら別にいいかなって。ま、こういう固いところが浅く広く友達を作れない原因なんですけどね~…。でも、できれば狭くても長く続く深い友達を作りたいんですよね。

 他の人からしたらちっぽけな悩みかもしれません。でも、私コッチに来てから知り合った日本の方で信用ならない方がいたというか、それってどうなの?っていうことをされた経験がありまして、それから日本関連で知り合いを作れなくなっちゃったんですよね^^; おそらく、まずそこを改善しないとちゃんと友達作りなんてできないような気がします。でも、一度信頼できなくなった気持ちって、なくすのに結構時間がかかるんですよね、少なくとも私は。自己啓発とかそういうのも一度は手を出してみました。でも、なんか胡散臭いというか、信用ならないんですよね。こういうのってどうしたらいいんでしょう?昔もこんなことがありましたが、乗り越えてきました。でも、今、どうやって乗り越えてきたのか分からないんです。分からないというか、覚えていない、という方が合っていますかね。

 こんな感じでぐだぐだ悩む日が増えてしまい、今も毎日お腹が痛いです。薬が手放せません。でも、こんな状態を続けていたらダメなんだということは自分がよくわかっています。そこで、二年前、デンマーク生活をどうにか楽しもうと努力していたころの自分と同じことをしてみることにしました。あまり目立った効果はありませんが、とりあえず日本食中心の生活に戻りました(笑)いつものごはんは私を助けてくれることは分かりました(笑)

 なるべくこういったネガティブな内容の記事は、ビザが取得できなかった時以降封印してきましたが、ちょっとまた吐き出したくなったので吐き出しました。この記事のせいで不快な気持ちになる方は確実にいらっしゃると思います。同じように海外に暮らしており私以上に努力なさっている方は特に。私もあなたたちと同じようになりたいです。

これを公開すべきかどうか悩ましいですが、とりあえずしばらくの間は公開しておこうと思います。将来、自分がこの悩みから解放されたときに「自分、成長したなぁ」と思えることを願って。

2016/10/18