読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【一言日誌】デンマークの女性はみんな働き者。【しゃかりき】

一言日誌 デンマーク デンマーク暮らし 海外生活 リサイクルショップ 古着屋 ボランティア デンマークでボランティア

2017/02/14 - 晴れ、朝はマイナス7度だった(あ、今日バレンタインだった、忘れてた!←)

 

今日、久々にブラックコーヒーを飲んだのですが、その後気分が悪くなって頭がふわふわしています、pon.です。

 

今日から赤十字のリサイクルショップでのボランティアが始まりました。

10時から14時までの4時間で、朝はとてもゆったりと作業が始まりました。

コーヒーを飲みながらパンを食べ(朝食?)、たわいもない話をして、一人お客さんが来たら始業…といった感じ。笑

ゆるい、めっちゃゆるい(笑)

でも、これくらいゆっくり時間が流れている場所でなら「デンマーク語で話さなきゃ!」と焦る事もないですし、「もっと難しい単語を使わなくちゃ!」と切羽詰まる事もありません。

普通のデンマーク語の会話をするための”リハビリ”にはとても適していると思います。

 

実は、今私がボランティアをしているお店には以前、私と同じようにデンマーク語を勉強していた日本の方がボランティアをしに来ていたそうで、スタッフのおばさま達は日本人にどう接した方がいいのかをよく理解してくださっています。

本当に偶然入ったリサイクルショップでしたが、そこでボランティアができることになったのは正直”運命”だったのかなと感じています。

 

これまでにどういったことが私にあったかは話していませんが、語学学校でモジュール4に入ってからうまくクラスについていけなくて困った事・覚えが悪くてデンマーク語で話すのに時間がかかる事・本当は人見知りでデンマーク語で会話となると余計にナーバスになってしまう事etc.、後で何か問題が起きないように必要最低限のことは事前に話しました。

つたないデンマーク語で話したのでどれだけ通じたのかは正直分かりませんが、『少しずつ知らないことを学んでいけば良いし、分からないことがあればいつでも聞きに来てちょうだい』と言ってくださいました。

たしかに、今日のボランティアで既にいくつもの新しい単語や言い回しを習いました。

しかも、もしお店に就職が決まった時に使えるであろうノウハウもデンマーク語で教えてくださることになり、以前行ったパッキング工場や幼稚園のインターンシップとは少し異なることを勉強出来そうです。

パッキング工場も幼稚園も特殊な場所だったので、”お店の店員”としてのトレーニングを受けれるのは本当にありがたいです。

こういったボランティア活動は履歴書に経歴として記載することが出来ますし、更には永住ビザを取得する際にも有効な活動となります。(ビザのためだと100時間?程ボランティアをする必要があるみたいです)

 

このボランティアを通じて、少しでもデンマーク語でスラスラと会話ができるようになることを願っています。

そして、今後少しで良いのでデンマーク語でのディスカッションやディベートが上手くいくといいなと思っています。

 

 

 

おわり。

 

p.s.

今日お店の棚を整頓をしてた時に見つけたグレーのベレー帽、欲しいなぁ。

次のボランティアの日にまだあったら買っちゃおうかなぁ。笑