読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【一言日誌】髪色を劇的に変えるならブリーチが必要。【ヘアカラーinデンマーク】

一言日誌 デンマーク デンマーク暮らし 海外生活 ヘアカラー 染め粉 海外製品

2017/03/05(日) - 雨/くもり、どんより暗い空でジメジメしてた

 

単刀直入に、髪染めました

うっすら赤茶って感じになりました。

 

今回使ったヘアカラーはこちら。

108krでした。

f:id:pon1500dkk:20170306050002j:image

以前ロレアルのライトブラウンっぽいのを黒髪に使ったら、何にも色が入らなくて後悔したので、今回は最初からめっちゃ明るいブラウン(ダークブロンド)を使用しました。笑

結果はこちら。

f:id:pon1500dkk:20170306050034j:image

うちでは暖色系のライトを使っているのであまりわからないですが、自然光の下ではうっすら赤茶になったのが目視できます。

うんうん、いい感じ!

ダークブロンドっていうから結構強い薬かなーと思って、もし変に色が抜けたり入ったりしてヤンキーみたいなオレンジとか黄色味の強い茶髪になっちゃったらどうしようと不安だったのですが、ほんのり色が抜けて赤みのある茶色が出てきてくれました。

これくらいなら今行ってるボランティアのお店でもビックリされない色味かなって思います。笑

 

できればベージュとかアッシュをいれたかったのですが、市販の薬剤にはそういったカラーはありませんでした…。

(少なくともうちの近所のスーパーにはなかった)

そもそも、コッチの人はみんなベージュやアッシュ寄りの茶髪/金髪なので、必要ないですよねw

ヘアカラーは日本の方がカラーバリエーションが豊富ですし、何より黒髪にもしっかり発色する薬剤が多いです。

以前アメリカに住む日本人女性のようつべ動画を観たことがあるのですが、彼女も髪を明るくしたくてライトブラウンか何かのヘアカラーを使用して髪を染めたそうですがほとんど効果が出ず、結局諦めたとのこと。

欧米のヘアカラーの薬剤はこちらの人向けに作られているからか、私の毛質(ハリがある、直毛、太め)には弱いようなので、もし自分の望むカラーにするなら一時帰国した時に美容室で、または自分で染めた方がいいと今回でハッキリ分かりました。^^;笑

 

 

これだけアジア人の毛(少なくとも私の毛質で)は染髪するのは難しいと言える状態でも、一応髪色を変えることは出来ます。

そう、ブリーチです。

 

一昨年、私は真っ黒のロングヘアーで、さらに毛量が多く、必然的に重い印象になるのがとてもイヤで、自分でインナーカラーを入れました(笑)

 

グリーン寄りのベージュアッシュです。

毛先の方は薬剤が足りなくなってグリーンになりきれてないんですが、たしか2〜3週間くらいはこの色味が保てました。

f:id:pon1500dkk:20170306050054j:image

 

その時使った薬剤はこちら。

ブリーチ剤: セールで69.95kr

青の薬剤: 104.95kr

白金にするためのメガブリーチみたいなものを使って色を抜いて、そこに青を入れてアッシュにしました。

(激明るい茶×青=緑寄りのベージュアッシュ)

f:id:pon1500dkk:20170306050105j:image

 

最終的にグリーンが抜けた髪色は、ただの明るい茶髪でした。

↓黒髪の間からチラチラ見えてる茶髪がブリーチして出た茶色

f:id:pon1500dkk:20170306050156j:image

 

大昔、日本のメーカーのメガブリーチを使って髪色を抜いたことがあるのですが、地毛の黒髪では1回目でかなり金髪に、黒染めしてしまった黒髪では頑張ってオレンジくらいの髪になったので、こちらの薬剤でもそうなるかと期待したのですが、メガブリーチでも私の髪には優しかったようです。

メガブリーチでも複数回行ってからでないとパキッと色味が出るまでにはならないですね〜

 

 

まとめますと、個人的な染髪の経験から、日本人は欧米のヘアカラーを使用しても基本【色は変わらない】と思った方がいいと言うことができます。

市販のヘアカラーは安くて1000円代、高くて2000円代。

少しでも変化があればいいですが、何も変化がなかったり、逆に汚く色が入ったりしたら、お金の無駄遣いになってしまいますよね。

どうしてもヘアカラーを変えたい場合は、現地で評判の良い美容室を探してそこで髪質を見てもらってgoサインが出たら染めた方が確実です。

(たまにアジア人の毛質は扱いが難しいからと、失敗しても知らないよ的な対応もされます)

または、もう日本で染めてくるor諦めて黒髪で我慢するのがいいかもしれません(笑)

失敗するよりマシな気はします。w

 

 

北欧にいらっしゃる日本人はナチュラル志向な方が多い印象なので、この記事に需要があるかどうかは分かりませんが、個人的な記録も兼ねてupします。

 

これから髪が傷んでどう色が明るくなっていくかが楽しみです(笑)

できたら赤茶キープしてくれるといいな〜

 

 

おわり。