読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【一言日誌】私だって好きでこんな生活続けてるわけじゃないんだけど?【愚痴】

デンマーク 一言日誌 海外生活 海外生活の悩み 嫁姑問題 義家族とのトラブル

2017/03/17(金) - くもり→ゲリラ豪雨(ちょっとあられっぽかった)

 

※注意※
今回は完全にプライベートな話で、個人的に書くのをずっと悩んでいたことなのですが、読んだ後に気分を悪くされる方がいらっしゃるかもしれません。
ですが、一個人の意見であり、悩みであり、本人からするとかなり大きな問題なので、批判・避難は受け付けません。(正直そういった類の事を書かれたら立ち直る自信がないからです)
それを理解した上でお読みいただけると幸いです。

**********

1月末に来丁したフランス人の元友人の問題はみなさんももうご存知の事だと思いますが、また掘り返すのはすごく嫌なのですが、今回私が抱えている問題がそれも絡んでいる為一緒にお話ししたいと思います。

 

現在、夫の家族に総スカンくらってます。苦笑
そう、いわゆるNOコンタクト、NOトーキング。
義父と義弟に関しては、会ってもシカト。挨拶しても無視。
義母はまだちょっとは気にしてるみたいで、夫を経由して少し私の様子をうかがってるみたい。

と、いうのも、すべてあの元友人とのトラブルのせい。

私と彼女との間にあったことは、残念ながら私たち二人の間でしか真実は分からないし、どんなにここで「あーだった」「こーだった」と話しても所詮私サイドからの一方的な意見になるので意味がないので多くは語りません。
ですが、ひとつだけ言えることは、あの元友人にはデンマークという見知らぬ土地で私なりに一生懸命生きてきたことを理解してもらえなかった、ということです。

そのトラブルを第三者の視点から見て、
・今までおとなしかった人間が突然おかしくなった
・仮にも友人だったはずの人に突然冷たくしていた
・やっぱり理解できない
的な理由により、2月頭からずーーーーーーっと夫の家族とはひっとことも話もしていないし、なっんにも連絡はありません。

私と彼女の問題は私たちのものであり、どうして夫の家族が勝手にショックを受け、自分たちの思い描く”理想の義娘”でなかっただけで総スカンを食らわなくてはならないのでしょうか?
昨日の夜中、もう我慢できなくなって大泣きしてしまったときに、夫が「もしかすると」と”憶測”での話をしてきました。(あくまで”憶測”です)

『デンマークでは「結婚できない・子供を望まないデンマーク男性がお金を払ってアジアや中東から女性を連れてきて一緒に生活する」のが意外とポピュラーで、いわゆる”雇い妻”的な感じでお金目的でデンマークに来て過ごしている女性がいるんだよ。それがやっぱりフィリピンやタイ、ベトナムからの女性が多くて、アジア人の女性=そういう女性って思ってる人が少なからずいるんだ。日本にはそんなに貧しい人はいないし、そもそもわざわざデンマークに来てお金を貰って生活しようなんて思う人はいないって頭でわかっていても、やっぱり周りの目とか、知り合いの話とかを聞くうちに、悪い考えが気持ちを支配しちゃうことがあるんだよ。もしかすると、うちの両親は今、そういった最低な考えが頭の中・気持ちを支配していて、君をきちんと曇りのない眼で見ることが出来ないでいるのかもしれない。』

と、言われました。



・・・つまり、私の事を最初から疑ってかかってたってことですか???



デンマークに来た当初はベビーシッターしかしてなかったし、今も新聞配達しかできてないですけど、これだってちゃんと税金納めてるんですけど?
てか私日本で普通に仕事してましたし、別に仕事したくないからこんな仕事しかしてないわけじゃないんですけど。
それに、うちの家庭は貧乏じゃないし、まぁ大学に通うために奨学金は借りましたけど、普通の生活においてお金に困ったことなんてないんですけど。
てかそんなにお金困ってたらほぼ毎月のように親がうん万円もかけてでっかい荷物をわざわざ送ってこないっての。

つーか何のためにデンマーク語勉強してると思ってんの?
毎日毎日一生懸命本読んで、デンマークの歴史と文化を日本語訳までして本当に心の底から理解できるように努力して。
SNSに裂く時間があるなら勉強にって思って今本当にiPhone全然いじってなくて。
日本から3DS送ってもらったけど、最初は姉が新年会のビンゴで当たった~なんて言って送ってくれたのに、中身見たら私の好きなグリーンのボディで、そう、わざわざめっちゃ高いのに最新のNew3DSLLととび森のソフトを買って私に送ってくれたわけで、こんな風に嘘つかせるほど心配かけちゃってたんだって分かって、もっともっと努力しなくちゃ、もっともっと頑張って皆から認めてもらえるように生活しなくちゃって思って、どんなにイライラでお腹痛くなっても机にかじりついて本当に勉強頑張ってるんですけど。

ボランティアもいろんなお客さんに声かけてもらえるようになって、デンマーク語は難しいだろうけど、外国の言葉を習うのなら恐れずに話すことが大切だよだなんておじいちゃんからアドバイスもらったりして、そうだな、もっとトライしていかないといけないなって気持ちを奮い立たせて。
それに来週からボランティアに行く日が週2回になって、お店の鍵も貰って、店主さん(責任者)にも信用されてるんだ、よかった、もっとデンマーク語で話せるように頑張ろうって思えてきたところだったのに!


「人種差別の少ない国」
「行動する自由度の高い国」
「望めば仕事がすぐに手に入る国」

こんな感じに言われているデンマークですが、日本と同じで「環境・状況による」んですよね。
今住んでいるところには私以外に日本人はいません。
だからいっつも「中国人扱い」されます。めっちゃいらっとします。
コペンハーゲン中心部だったらまだ日本人も多いし、英語が流暢に話せたり、礼儀作法の違いですぐに「あぁ中国人じゃないんだ」って感じで気持ちのいい対応をしてもらえるかもしれません。
でも、それが「当たり前」なわけではないです。
どの国に行っても、人種差別はあります。
正直、私はイスラム系の人が苦手です。特にターバン巻いてがっつりひげを生やしている男性を見かけると、つい身構えてしまいます。
でも、わざわざシカトしたり、非難を浴びせたり、彼らに被害を加えることは絶対にありません。むしろ、今彼らを理解できるように「サトコとナダ」という漫画でちょこっとだけムスリムについて学んでいます。

話がズレたので戻します。

ツイッターにも書き殴ってしまいましたが、私の両親だってデンマーク・デンマーク人、そして私の夫を理解するために努力をしています。
特に私の父は元々勉強熱心なタイプなので、デンマークに関する本を買占め、ほぼ毎週しているスカイプのたびに「今回読んだ本には~と書いてあったけど、本当かどうか○○(夫)に聞いてみてくれ!」とか「あの本には~ってことが書いてあって本嫌いなお前でも読みやすいから勉強のために送ってやるよ。」と本を何冊か送ってくれたりとかしてくれてるんです。
今は夫の就活の手伝いもしていて、毎週メッセンジャーでやりとりしています。
そんな様子を見て私の母は、夫の好きな日本食(主にお菓子)を送ってくれて、「あんまりプレッシャーにならないように励ましてあげるんだよ」と、元々短気ですぐカッとなりやすい私を案じて手紙も書いてくれて。

もちろん私の家族だから私のことをよく理解できているということは分かります。
でも、私の夫のことも一生懸命に理解しようとしてくれています。
どんなに夫に欠点があろうとも、今就活でめちゃくちゃ困っていて家庭の大黒柱として大丈夫なのか?と正直私も不安を抱えている中、不安を煽るよりも彼の能力を信じようとそんなに得意でもない英語でメッセージのやりとりをしている親の姿を見ると、どうしても比べてしまうんです。
そして、私のどこが悪いの?どこがダメなの?どこが嫌いなの?とどんどんどんどん自己嫌悪に走るしかなくなっていくんです。




もうすぐ1時になりますし、正直書きたいことがまとまらなくなってきたので、このあたりで一旦切りたいと思います。

とにかく、今SNSを離れている理由、そして抱えている問題等を今回お伝えしました。

やっぱり一回日本に帰ろうかな。
でも帰ったところで何にも変わらないし、余計に生きづらくなるだけだよね。

とりあえず、こちらでもお友達とお出かけできるようになったので、気分転換するよう心がけたいと思います。




おわり。