1500DKK - デンマークで肩を張らずに生きる -

2014年2月末より始まったデンマーク生活を気ままにお話しします。デンマーク語の勉強ネタやデンマークで購入できる商品などをまとめています。詳しくはaboutに記載していますので、プロフィールからお読みください。

【一言日誌】人生で初めて女性に唾を吐きかける男性を見た。【ショックすぎる】

2017/03/21(火) - 曇りのち晴れ、風がとても強かった

※注意※
今日は特定の国の男性をテーマにブログを書きます
そのため、その国が好きであったり、その国出身のボーイフレンドや旦那さんがいらっしゃる方には腹の立つ表現が一部含まれている可能性があります。
ですが、この内容は今日実際に目の当たりにした出来事であり、その結果このような意見となりました。
どうがご理解いただけると幸いです。

**********

f:id:pon1500dkk:20170322061226p:image

 
本日、デンマークに移り住んでから初めて、ここまで他の国の移民に拒絶の気持ちを持ったことはない出来事がありました。

火曜日はみなさんご存知の通り、ボランティアで赤十字のリサイクルショップで働いています。
早いものでもうすぐ働き始めて二ヶ月が経とうとしています。
今週から月曜日・火曜日と週二回通うことになり、特に火曜日のスタッフたち(主任とベテランスタッフの女性ふたり)とは夫も交えて話ができる程に仲良くなりました。

そんな和気あいあいと働いていた何の変哲もなかった今日、突然不運が舞い込んできました。

あと少しで12時になろうとしていたとき、ある男性がユーズドのジーンズを持ってレジにやってきました。
3月に入ってから私はレジの研修を受け、現金・カードでの支払いをするお客さんの対応ができるようになりました。
といってもかなり古いレジで、且つすべてデンマーク語表記なためもたつくこともしばしば、まだ傍らに誰か一緒にいてもらうことが多いです。
この時も、ベテランスタッフGさんが私の横に居ました。
その男性はとってもニコニコしている人当たりが良さそうで、対応している私も特に何も思いませんでしたが、実はとんでもない人でした・・・。

彼はカードで支払いを、と言ってきたので、いつも通りにカード支払に切り替えたのですが、彼のカードはDankort(詳しい説明は下記リンクから)ではなく、私の働くお店ではDankort以外は使用できなかったため、すぐそばにあるATMから現金を下ろしてくるようお願いしました。
彼はそれを快く受け入れ「すぐ戻ってくるからちゃんとキープしておいてよ!」と明るく元気に去っていきました。
そう、ここまではよかったんです。

workingholiday-net.com

 

それから30分以上が経過し、正直「もう戻ってこないかもね~」なんて話をしていたとき、その男性はお店に戻ってきました。
軽くHejとあいさつすると、もう少しだけ他のものを見てもいい?と尋ねてきたのでモチロン!と様子を伺っていました。
そして、結局彼はそのジーンズ以外は買わないことにしたのか、またニコニコしながらレジに戻ってきました。
その時は私一人でした。

男性「ねぇ、これっていくらだっけ?」
私「40クローナです」
男性「これ30クローナにしてくれない?」
私「は?」
男性「いやさ、30クローナしかなくってさ」(コインをチャラチャラと手で転がす)
私「いや…私には値段を決めることはできないし、そもそも私たちはディスカウントはしないんですよ」
男性「いやでも…」
ここでベテランスタッフGさんが様子を見に来てくれてました。

Gさん「これは40クローナです。」(値札を見せる)
男性「わかってるよ。でも今30クローナしかないんで」(カウンターに30クローナを置く)
Gさん「いや、それでも40クローナなの。あともう10クローナ持ってきて」
男性「だから、30クローナしかないんだってば!」
~エンドレス30クローナ~
そんな様子を見かねた主任がやって来て彼を一喝

主任「これは40クローナなの。それが払えないなら帰って頂戴
男性「何?30クローナだっていいだろう?ユーズドなんだから
主任「それでも40クローナは安いでしょ?それが無理なら帰って
男性「は?何言ってるんだよ、こんなクソみたいなズボン(lort(う●ちって単語が聞こえたから多分こんな訳なはず))が40クローナ?wバカ言うなよwww」
主任「普通のお店で買ったら何倍もするのよ?買えないんだったら帰って!」
男性「そんなの知るかよ!お前らみんなクソだ!」
主任「なんてこと言うの!もう帰って!」
男性「ざけんじゃねぇぞクソババア!lkjhsdfくぁえrsv…※意訳」
ここでこの男性、主任に向かってツバを吐きました。

主任「なんてことするの!dfkjhlsd;zsdfj…」
男性「zsdfkjhlkjsds…※多分彼の母国語」
そしてまた主任に向かってツバを吐きました。
主任「もうやってらんない!」(お店の出入り口に走る)

主任「助けてー!おかしな男がいますー!助けてー!
ここで男性は走って逃げてしまいました


…これを書いている最中も思い出しただけで怒りや恐怖、同じ移民という立場、様々な気持ちでいっぱいです。

個人的な意見として、おそらく彼はトルコ人ではないかと思います。
f:id:pon1500dkk:20170322061907j:image

風貌が中東系の男性で、ネットで「トルコ人」と検索したところ、その男性に似た顔の人がゴロゴロ出てきたので絶対トルコ人だと思います。
あと、デン語のRの発音にちょっと特徴があって、中東から来た人は特に巻き舌というか、レルラル言っちゃうクセがあると私は思うのですが、彼にもその特徴が出ていました。
トルコの人の特徴を調べてみて、彼の反応がいかにも典型的なトルコ人の特徴に当てはまったので、見ていて無性にムカムカする反面、少し複雑な気持ちになりました。
というのも、私は大学時代の友人にトルコ出身の男性が一人おり、彼は日本になじんでいたせいもあるのかもしれませんが、とても礼儀正しく、善悪がしっかりついており、特に典型的なトルコ人の特徴にあるような女性を見下すような態度は誰にもとっていませんでした。
そのため、個人的にトルコの人を悪く言いたくないのですが、正直デンマークに住む中東系の移民の質はかなり悪いです。

実は今日、同じくRの発音に特徴のある少し見た目の良くない中東系の女性がお店にきたのですが、たった20クローナの商品に対して17クローナだけ出し「今これしか手持ちがないから…」と負けてもらう気満々でレジにやってきました。
主任が「ディスカウントはやってないの。お金がないなら売れないわ」というと、『じゃあ明日お店に3クローナもってくるから!」となぜか食い下がる。
こういうことはよくあるそうで、主任が「3クローナだったら私が払ってあげるから商品持って帰りなさい」と促すと、急に『待って!もしかしたらあるかもしれないから!』と急にカバンをゴソゴソ…はい、ありましたよ、20クローナコイン数枚・10クローナコインその他もろもろいっぱい。苦笑

もう私このままデンマークにいたら中東系の人ダメになりそう・・・
こういった習慣?ずる賢さ?はどの国の人でもあると思いますし、人によるものだと思うので一概には言えないと思います。
が、あの男性のとった行動はどの国の人が見てもあり得ないことで立派な犯罪です。

もうね、お前らリサイクルショップなめてんのかと。
※私は古着屋大好き人間
うちの店もそうだけど、寄付された衣類を販売しているけど、別にゴミみたいなボロい服を置いてるわけじゃないんだよ?
ユーズドの商品でも綺麗に使い込まれたものだからお店に置けるわけで、そこらへんに捨ててあるようなものをお店に出してるわけじゃないの。
特にうちは赤十字のリサイクルショップだから、私たちは無給で働いているし、これらの収入は募金に回るんだよ?
中東系・アジア系(ベトナムとかタイあたり)の人たちってディスカウントするの好きだし、商売に置いてそれが当たり前みたいな感じでいるけど、うちらは自分の給料の為に古着を売っているんじゃないの、困っている人たちの助けになればと売っているの。
そもそもその値段に納得がいかないのであれば、実際に元の値段を調べてごらんよ。
というかね、40クローナも払えないほどにお金がないなら買わない方がいいよ!
私だってお金がなければ買い物はしないよ!わざわざ古着屋でまけてくれなんて頼んでまで物を買わないよ!
それに店員に対してあんな横暴な態度をとる輩は本当この世に存在する価値はない!
不謹慎だけど、交通事故でもなんでも起きてほしい!天罰下れ!
絵のうまい下手は関係なく、今でもハッキリとあの男性の顔は覚えているのでもしまた店の前でも通ったら塩ぶちまけてやりたいです。


…もう今日は本当に落ち込んでます、私。
私は昔から自分の住む環境はクリーンでありたい人間で、我がままと言えばわがままになると思いますが「優しい心の人たちと心の底から笑いあえる環境で生活するのが好き」です。
ですが、そういったお人好しなせいで昔から人の汚い部分をたくさん見てきました。
もうそういったドロドロしたものを見たくなくて自分の心を鬼にしてドロドロした感じの雰囲気を持つ人たちをカットしてきました。(それはそれでどうかとも思いますが)
それでも人生、生きていればいつかはまた汚い心の人たちに会わなくてはならないことがあります。
そういうときが来るたびに私は心がどんどん荒み、ガリガリとやすりで削られていくような気持ちになります。
こういう時、やっぱり私って現在の社会に適合していないのかなぁと感じます。苦笑
西の魔女が死んだ(小説)のおばあちゃんのお家のようなところに住みたい。
ハーブティー作ったり、ジャムつくったり、染物したり、もう森で動物にたくさん囲まれながら生きたい。←

今日は久々にJ-POPを聴きながら心を落ち着かせています。
心を落ち着かせたいときはスキマスイッチ、本当和む。素敵な曲を作ってくれてありがとう。

今週末は夫のサポートしている政党関連の行事があり、今回初めて夫について一緒に行くことになりました。
そのため今週末はコペンハーゲンを離れます。(二泊三日の旅、場所の名前忘れちゃった←)
もし何かいいお土産が買えたら主任とGさんに買って火曜日に渡そう…。
※家事やら課題やらで忙しいし、何より今大勢の知らない人たちに囲まれながらデンマーク語で話す気力がないので、うちにいることにしました。

体調も崩してしまい、咳が止まらないので、体調を戻すことに専念します。

…私がアジア人で、チビで、押せばことが通ると思われてナメられて、今日みたいなことが起きちゃったのかなぁ…?
めっちゃ自己嫌悪。
もうこの人生いっぺんやりなおしたいわ。



おわり。


参考:

newstyle.link

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp